LOOK BACK and FUTURE過去と未来、そして仲間へ

LOOK BACK

LOOK BACK これまでを顧みて

メディアステーションは設立以来、「通信」という分野で人とひととのつながりを創ることに挑戦し続けてきました。
「Give and make.」という理念をもとに、世の中に感動を届け、人にしかできないあらたな価値をつくる。

「目の前の人に喜んで帰ってもらいたい」
「お客さんの生活を豊かにするお手伝いをしたい」
「感動するような接客をしたい」

そんな愚直な想いが形となり、接客グランプリでの全国No.1獲得、SoftBank社の最優秀オーナーとしての表彰など着実に世の中に価値を残すことができる会社に近づいて来ました。
待遇面でも業界No.1に近い水準を維持できています。

しかし、今この時代に大切なことは、「心の報酬」です。
はたらく、という行為の中で、どれだけの感動や豊かさを生み出せるのか。はたらく、という行為に、どれだけの意味を見出せるのか。
「人」ならではの価値を追求してきました。

FUTURE

FUTURE 今、見据える景色

「想像を超える豊かな感動を、次代に。」
これが、メディアステーションが掲げるビジョンです。

10年前、ここまで当たり前に世の中の人がスマホを持ち歩くことは誰も想像していませんでした。たった10年で、世の中の当たり前は変わってしまうのです。

ネットやスマートフォンの普及、デジタル化、AIの発達、確かに昔に比べて、圧倒的に便利な時代になりました。でも、「人の幸せ」はどれだけ増えているでしょうか?人だけではなくモノまでもがコミュニケーションをする時代。このまま「便利」を加速させ続けた先に、豊かな未来はあるのでしょうか?

私たちは、人だからできることがあると信じています。もはや、デジタルの波は止められません。そして、止めるべきでもありません。
今、私たちに求められているのは、いかにデジタルと共存し、ひと本来の豊かな“つながり”を創り出すか、ということだと思うのです。

人だからできる、あたたかいコミュニケーションがあります。
人だからつくれる、豊かな暮らしのカタチがあります。
これからも、お客さま・社員・会社・社会の四方を善くする事業を発展させ、想像を超える豊かな感動を、社会に、次代につないでいきます。

これまでを顧みて

MESSAGE

変化の激しい時代。
終身雇用・ルーティンワーク・年功序列の時代は終わり、AIが人間の知能を超える日がやってきます。そうなると、必然的に「人にしかできないこと」に価値が生まれます。

これから、あなたはどんなことに挑戦しますか?
変化が大きい分、これからの道のりに決まったレールは引かれていません。そして、未来には無限の可能性(=FRONTIER)が広がっています。

レールが引かれていない道。
その道は、決して「楽」な道ではありません。
しかし、何よりも「楽しい」道です。

自分になにができるか?この会社の資本やリソースを使ってどんなサービスが提供できるか?まだだれも解決できていない問題はなにか?すべてはあなたの想像力と、それをリアルにカタチにしていく創造力にゆだねられているのです。

MESSAGE ともに、働く仲間へ

「楽」を続けるひとは、取り残されます。
本当の成長や価値は、難しい、誰もやっていないといったことをやり遂げた先に生まれます。

やり遂げよう。
人にしかできない、あらたな価値をつくる冒険を。

ひとりの力は決してちっぽけではありません。あなたが動けば、誰かが必ず共感し、賛同し、心も体も動かされるようになります。そう、みなさんは世界を変える力をその内に秘めているのです。
可能性に溢れた皆さまと一緒に挑戦できることを、社員一同、心よりお待ちしています!

  • トップ > 会社を知る > 過去と未来、そして仲間へ